カレー

元カレーメーカー社員が語る!ハウス・咖喱屋コクデミカレー中辛の実食レビュー

ハウスの咖喱屋(カリー屋)カレーと言えば、食べたことがない人の方が少ないぐらいではないでしょうか?

前回、中辛を食べてちょっぴり辛口採点をしたと思いますが、今回は近所のお店でよく見る「コクデミ」タイプを実食してみたいと思います。

ハウス 咖喱屋コクデミカレー中辛

税込85円 ※購入時の価格

咖喱屋と書いて、カリー屋と読むおなじみのカレー。

何度見ても書けそうにない字です。

パン~ダ
パン~ダ
字が出てこないから検索が大変~

食べた感想ですが、かなりデミグラス感が強く出たカレーで、個人的にはあまり好みではない味でした。

それでは行ってみよー!

ハウス・咖喱屋コクデミカレー中辛とは?

公式HP:咖喱屋コクデミカレー中辛/ハウス食品

ハウスの咖喱屋カレー(カリー屋カレー)シリーズといえば、100均などでもよく見かける低価格帯のレトルトカレーですね。

ほとんどのスーパーに陳列されているイメージです。

2020年4月現在は、以下のラインナップのようです。

咖喱屋カレーシリーズ
  • 甘口
  • 中辛
  • 辛口
  • 大辛
  • コクデミカレー
  • ポークカレー
  • チキンカレー
  • キーマカレー
  • トマトチリカレー
  • 黒旨キーマカレー
  • 小盛サイズ〈中辛 4袋入り〉
  • 小盛サイズ〈辛口 4袋入り〉

スゴい数のラインナップですね!

レトルトカレーの中でも、常に売上の上位に食い込んでくるシリーズだけあって、派手に横展開しています。

特徴は、なんと言っても激安な価格にあります。

このブログではあまり低価格なカレーはレビューしていないのですが、レトルトカレーを語る上で避けては通れないシリーズなので、前に中辛をレビューしています。

元カレーメーカー社員が語る!ハウス・咖喱屋(カリー屋)カレー辛口の実食レビュー元カレーメーカー社員が、ハウスの咖喱屋(カリー屋)カレーを実食レビュー!低価格帯の代表格のレトルトカレーは、もはやボンカレーよりも一般的?味はそれなりですが、激安です!...

上のレビューで書いた通り、中辛は正直に言うと微妙でした。

確かに値段の割に具材などのクオリティは頑張っていますが、味にやはり厚み、深みがないので、どうしても物足りなかったです。

今回のコクデミカレーはデミグラスソースでその辺を補っているようなので、物足りなさが解消されるかも!?という期待を込めて、今回のレビューに挑んでいます。

実食レビュー

辛さ・スパイス感

スパイス感はあまりありません。

かなりデミグラスの風味が強いので、目隠しをしたらカレーとわからないかも。

中辛ですが、後を引くような辛さはなく、辛さが苦手な人でも問題ない程度です。

コク・甘み

デミグラスの甘みが前面に出ていますね。

コクも甘みもデミグラスソースがベースの味です。

野菜やお肉の旨みというよりも、ちょっとケチャップよりのデミグラスの風味を感じます。

色・具材

やはり咖喱屋カレー、安い割に具はしっかり入っています。

さすがにお肉はほとんどありませんが、角切りの野菜がしっかり味わえます。

総評

ホイン評価:
※コスパ的にオススメできるか?という観点で評価

カレーに少しデミグラスソースを入れたというものではなく、デミグラスソースにカレーを足したと言えるぐらいデミグラスが強めです。

目隠しで食べると、カレーだとわからないかもしれません。

ハヤシともまた違い、ファミレスのハンバーグのデミグラスソースを想像してもらったらわかりやすいと思います。

この言いっぷりでもう気づいていると思いますが、正直、個人的にはあまり好みではないコクと甘みです。

ただ、この振り切り具合と具材の量を評価して3.0点としておこうと思います。

うーん、この値段だとやはりこれぐらいの味の厚みが限界なんですかね。

咖喱屋シリーズはまだまだたくさんあるので、気が向いたらレビューしていきたいと思います。

以上、ホインでしたー。

ホイン
ホイン
カレーランキングも!
【ランキング・随時更新】元カレーメーカー社員のレトルトカレーコスパ番付元カレーメーカー社員が独自のコスパ的視点で評価したレトルトカレーのランキングです。随時更新中。...
関連記事